Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【管理職の幼児体験】

    2012年11月25日

     
     
     

    部下との関係をつくるのが、苦手な管理職がいます。
    特定の部下との関係ではなく、たいていの部下とうまくいかない人、
    うまく導けない人のことです。
    その理由には、主に幼児体験による、固有の性質もあるでしょう。
    しかし、こういう人は、自身の過去の上司が、同様の性質を持って
    いたという場合も、多いのです。
    特に、社会に出て初めての上司の影響が、強いと言えるでしょう。
    社会人としての幼児体験です。
    自己肯定の意識が、同様の行動をさせるのです。
    この欠点を克服させるためには、まずは過去の影響(幼児体験)で、
    不具合が生じていることを認識させるべきです。
    その認識の下、あらためて、上司としてのあり方を考えさせます。
    そして、経営トップ、および現在の直属の上司が、よき上司として
    接し、あるべき上司像を見せて、感じさせてあげることです。
    意識の中の上司像を書き換えなければなりません。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら