Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【観られて成長する】

    2012年12月6日

     
     
     

    社員が誇りを持ち、イキイキと働いている廃棄物運搬・処理会社、
    真田ジャパンの社長、五月女明氏は、「人は、観られて成長する」と
    述べています。
    つまり、周囲から、できるだけ観られるような環境を創ることが、
    社員を成長させるキーのひとつだと言うのです。
    そのため、同社では、非常に目立つ制服を採用している。
    あざやかな黄色のシャツに、蝶ネクタイをしているのです。
    いやでも、周囲から注目されてしまう、出で立ちです。
    この目立つ制服を着用して、規律と元気を欠いた行動をするのは、
    目立ち過ぎて、気が引けるでしょう。
    そこで、背筋が伸び、「さすがは真田ジャパン」という行ないが
    できるのだと思います。
    なお、黄色の制服には、もうひとつの効用があります。
    それは、汚れが目立ちやすいということです。
    そのため、「汚れたらすぐに着替える」という習慣づけをしています。
    このことも、サービス業として、あるべき姿勢をつくるという、
    教育性の追求につながっていると思います。
    バックナンバー
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら