Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【強い違和感】

    2013年1月20日

     
     
     

    当たる販促物は、キャッチコピーが秀逸です。

    キャッチコピーで惹き付けて、内容を読ませるという流れができて
    いることが、ポイントです。

    それでは、当たるキャッチコピーの条件は、何でしょうか?

    ひとつは、見た人に、強い違和感を与えられることです。

    例えば、JR線の吊り広告に、以下のようなキャッチコピーが書いて
    ありました。

    「よーし。借りたビデオ、絶対に返さないぞー。」

    いかがでしょうか?

    かなりの違和感がありませんか?

    常識的には、借りたビデオは返すべき物のはずですが、「絶対に
    返さない」と宣言しています。

    これは、「VIDEO STORE by PlayStation」の広告です。

    ダウンロード式で、映像の販売とレンタルの両方を営んでいる店です。

    見た人に違和感を抱かせるキャッチで、自店の特長を、上手に表現
    しています。

    実際に売上げにつながるかは、商品力の問題もあります。

    しかし、このようなキャッチコピーの秀逸さは、まずは知ってもらう
    ために、非常に重要です。

    強いインパクトを与えられるよう、頭をひねってみてください。

    Facebookページ

    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら