Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【適切な言葉で質問する】

    2013年2月8日

     
     
     

    適切な答えを得るためには、適切な質問をしなくてはなりません。
    逆に言えば、質問が適切でなければ、的を射た答えは導き出せないと
    いうことです。
    適切な質問には、的確な言葉が使われています。
    例えば、組織ビジョンの達成に向けて、障害となる問題があります。
    その組織の悪い習慣(悪癖)です。
    そして、今、どのようにしてそれをつぶせばよいか、考える必要が
    あるとします。
    このとき、しなければならない質問は、「この問題の解決のために、
    何をすればよいか?」ではありません。
    これでは、弱いのです。
    それよりも、「この問題の根絶のために、何をすればよいか?」の方が、
    適切でしょう。
    『解決』と『根絶』という、ただひとつの単語の違いですが、これが
    答えを導く上で、大きな違いになります。
    もちろん、後者の方が、組織をよくするための適切な答えが出てくる
    可能性が高いと言えます。
    適切な答えを得たければ、質問の言葉を練ることです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら