Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【何のためにがんばるのか?】

    2013年3月11日

     
     
     

    子どもに、勉強する目的を説くとき、「自分のためだよ」と、多くの
    親は言うでしょう。
    しかし、教育の専門家、アビリティトレーニング代表、木下晴弘氏は、
    その教え方では、将来的に、子どもは幸せになれないと言います。
    なぜなら、自分のために勉強した子どもは、自身の知識や能力を
    自分のために使おうという、「今だけ、自分だけ、お金だけ」の
    大人になりやすいからです。
    高学歴だが、反社会的行為に手を染め、堕ちていった人たちは、この
    ベースを持っていると言います。
    もちろん、彼らの例は、極端です。
    ですが、周りの人たちからの支持を得られない人たちのベースは、
    同じです。
    「勉強する目的は、世のため人のためだ」という認識を持たせる
    ことが、よき仲間をつくり、将来的に幸せな人生を歩ませるための
    ポイントなのです。
    企業において、「仕事は何のためにするのか?」という問いの答えも、
    同様に認識させたいものです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら