Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【採用の標準化】

    2013年6月24日

     
     
     

    組織を拡大していくために、業務の標準化は欠かせません。
    誰がやっても、一定の水準以上の成果が出せるように、正しい手順を
    定め、それがいつでも再現される仕組みをつくるのです。
    食品物流企業の雄、名正運輸では、ドライバー面接の品質を一定の
    レベル以上にするために、「面接調書」というフォームを作成し、
    使用しています。
    これは、職歴などの他、履歴書では判らない情報を得るために使う、
    アンケート用紙です。
    項目は、過去のケガや、事故歴・違反歴、刺青・タトゥーの有無
    などで、それぞれに対し「答えたくない」という選択肢もあります。
    面接の前に、受験者に15分ほどで記入してもらいます。
    このフォームの活用によって、会社として大事にしている項目の聞き
    忘れを防ぎ、どの面接官でも、最低限の面接をすることができます。
    人材採用において標準化が進めば、組織の拡大スピードは速まります。
    仕組み化の好例です。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら