Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【商いの目的】

    2013年7月15日

     
     
     

    顧客の満足度アップが、商いの目的なのでしょうか?
    テレビ番組『アイアンシェフ』に出演していた名料理人、「くろぎ
    店主の黒木純氏は、それぞれのお客様に、前回までに出した料理や、
    当日の様子、好みなどを考慮して、出す料理を決めます。
    お客様の悦びが最大になるように、精一杯の努力をしています。
    ソロモン流』という番組の取材が入っていた日には、鯛を見て
    「カマがうまいんだよね」とつぶやいたお客様のために、即断即行で
    予定外の鯛カマを作り、お土産に持たせていました。
    お客様の悦ぶ様子が、とても印象的でした。
    ただ、その後、番組スタッフの方が、「お客様に、そのようにされる
    のは、満足度アップのためですか?」と訊いたときの答えに、心の底
    からシビれました。
    黒木氏は、困ったような顔をして、次のように答えたのです。
    「満足度アップとかじゃないですね。ただそうしてあげたいから、
    しているだけです」
    この言葉には、究極のサービス精神が表れています。
    満足度アップという目的には、「for me」の精神を若干含むような
    気がします。
    しかし、「ただそうしてあげたいから」は、純粋な「for you」の
    精神によるものです。
    一流のプロの精神を見ました。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら