Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【感動の定義】

    2013年7月18日

     
     
     

    理念や方針を組織に浸透させるためには、それらに使われている
    言葉をわかりやすく定義することが、非常に重要です。
    山形県山形市に本社を置く住宅事業会社の雄、感動ハウスの品質
    方針は、「すべてのお客様へ『価格・品質・安心感』を感動レベルで
    提供します」です。
    その社名のとおり、すべてを感動レベルで提供することを、旨として
    いるのです。
    しかし、単に『感動』というキーワードを提示しただけでは、社員に
    よって、その解釈レベルは、マチマチになってしまいます。
    そこで、同社では、以下のような「感動の定義」を掲げています。
    > 感動とは!
    > 『すごい・素晴らしい・え、ここまでやってくれるの!』
    > と、お客様が思わず涙して絶句する事
    お客様が反応している情景が浮かぶほど、具体的な評価基準となる
    定義を掲げているのです。
    ここまですれば、社員の意識は統一されるでしょう。
    貴社の理念や方針の言葉は、わかりやすく定義されているでしょうか。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら