Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【共創の取り組み】

    2013年8月6日

     
     
     

    国内の多くのマーケットが縮み、売上げを維持するのが難しくなる
    これからの時代は、「顧客の業績を護ること」が、BtoB企業の重要な
    姿勢になります。
    本シリーズでも、たびたび「これからは、競合企業との『競争』では
    なく、顧客企業との『共創』だ」と主張している所以です。
    共創の取り組みとは、商品・サービスの提供を通じて、本当の意味で、
    顧客のマーケティングに寄与することです。
    つまり、『顧客の顧客』からの支持率が上がることが、目標です。
    ですから、BtoB企業は、顧客企業のマーケットシェアやマインド
    シェアに、今まで以上に、注目しておかなくてはなりません。
    O運送では、『顧客の顧客』である納品先企業を対象にした満足度
    調査を、定期的に実施しています。
    自社のドライバーの納品サービスについて、意見を聴いて、改善し、
    顧客のマーケティング力の向上に努めているのです。
    運送会社が自社のサービス品質の向上に努めるのは、当然のことです。
    しかし、同社のように、顧客の顧客の視点に立った改善活動を行なう
    ことができている例は、あまりありません。
    共創の取り組みのよい実践例です。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら