Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【部活に熱中するがごとく】

    2013年10月4日

     
     
     

    高校野球をはじめとする部活に、多くの学生が、概ね気持ちを切らす
    ことなく一生懸命取り組めるのは、期限を意識するからでしょう。
    彼らは、中学・高校なら3年間、大学なら4年間という期間限定で、
    共通の目的に向かって団結し、戦います。
    そのため、「悔いを残したくない」、「卒業・引退までに、目標を
    必ず達成したい」という気持ちになって、打ち込めるのだと思います。
    このルールを、社員の戦意高揚に適用できるのではないでしょうか?
    社会人生活にも、必ず終わりが来ます。
    しかし、学生生活と比べると長期間なため、期限に対する意識が、
    弱くなりがちです。
    ですから、ポイントは、終わりをイメージさせ、そこまでの行程を
    細かく切ることです。
    社員に、定年・引退までの最終目標と中間目標、およびそれらを達成
    するための計画を立てさせてみましょう。
    そして、定期的に、進捗状況を測る機会を設けるとよいと思います。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら