Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【自己陶酔は観たくない】

    2013年10月6日

     
     
     

    広告を制作する際に、最も重要なポイントは、相手が知りたいことを
    伝えることです。
    これは、商品販促の広告と人材募集の広告、何にでも当てはまる
    ルールです。
    しかし、広告主は、得てして「相手が知りたいこと」ではなく、
    「自分が知らせたいこと」だけを発信してしまうものです。
    最も著名な映画監督のひとり、市川崑氏は、かつて「映画監督に
    とって一番大切なことは何ですか?」という質問に対して、次の
    ように答えたそうです。
    「自分自身が長く観たいシーンをバッサリと切ること」
    監督は、自分が撮ったシーンは、どれも大切だから、切りたくは
    ありません。
    しかし、自分の気に入ったシーンばかりを長々と映したら、観客に
    自己陶酔を見せつけることになります。
    「監督の自己陶酔なんて、客は観たくない」と市川監督は言います。
    映画のような『作品』でもそうなのですから、広告ならなおさらです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら