Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【仕事観と幸せ観】

    2014年1月14日

     
     
     

    エステティック業界の大きな課題のひとつとして、スタッフの定着
    率の低さが挙げられるそうです。
    この課題を克服し、エステティックグランプリで全国1位に輝いた
    エステティックサロン、フルーツルーツの経営者、榎戸淳一氏は、
    その原因を次のように分析しています。
    「経営トップとスタッフの間で、『仕事観と幸せ観』が共有できて
    いないからである」
    彼がここで言う仕事観とは、「何のために仕事をするか」です。
    そして、幸せ観とは、「どのような状態が幸せか」です。
    これらが共有できていないサロンは、スタッフが辞めやすいと言う
    のです。
    なぜなら、目的が一緒でないからです。
    経営トップが求めることと、社員がやりたいことが一致しないため、
    やらされ感が湧いて、仕事がおもしろくなくなるのです。
    まずは、経営トップが仕事観と幸せ観を明確に示し、共感できる
    スタッフを集め、共有し、一体化することが重要なのです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら