Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【圧縮付加法】

    2014年1月27日

     
     
     

    船井総研創業者の舩井幸雄が提唱したマーケティング手法のひとつに、
    「圧縮付加法」があります。
    圧縮付加法とは、その店舗の長所を引き出し、活性化させるための
    手法です。
    うまくいっていない店舗の場合、まずは商品の在庫数量と人員数は
    そのままで、売場面積を2/3~半分に圧縮します。
    スペースを縮めて、商品密度の高い店をつくるのです。
    そうすると、ボリューム感が生まれ、売上げが上がってきます。
    売上げが上がれば、お客様に求められている商品は何か、すなわち
    自店の長所である商品が判ります。
    その後は、先に空けたスペースに、判明した長所である商品
    カテゴリーを付加していきます。
    すると、お客様の支持を得られる繁盛店ができます。
    理に適った、とても効果的な手法です。
    なお、この圧縮付加法が使えるのは、店舗だけではありません。
    どの業種、どの部署、さらには個人のタスクについても適用できます。
    時間を圧縮して業務を遂行してみれば、長所が浮き上がってきます。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら