Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【天職発想=自責型】

    2014年5月26日

     
     
     

    船井総研創業者の舩井幸雄は、『天職発想』という概念を説きました。
    クレドにも、この項目があり、以下のように記載されています。
    > 目の前の与えられた仕事に夢中になって一所懸命にやりましょう。
    > このことは、自分の使命を果たすことになります。
    > たとえ嫌だと思う仕事であっても、断らず逃げずに、挑戦する
    > ことで、お客さまから支持される能力が身についてきます。
    > どんな仕事でも天職と思って、常にプロ意識を持ちましょう。
    > プロ意識がつくと、プロとしての行動や癖づけができ、仕事が
    > 楽しくなります。
    つまり、天職発想とは、目の前の仕事から逃げずに、がんばれという
    ことであり、イコール『自責型』ということでしょう。
    ちなみに、自責型の反対語は、他責型です。
    プロになるまでの期間には、「この職は、自分には向いていないの
    ではないか?」と悩んでしまうときがあるかもしれません
    しかし、それは、厳しい言い方をすれば、まだ思うような成果が
    出ない原因を、自分自身の努力不足ではなく、向き不向きという
    天性ととらえようとし、逃げているのです。
    その仕事に出会った縁を大切にし、天職と考えて、一所懸命に取り
    組めば、必ず成果は出ます。
    そもそも、向いていない仕事と縁ができる確率は、ほとんどないと
    言っていいでしょう。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら