Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【教育の目的】

    2014年6月22日

     
     
     

    人材教育・研修の専門家、弊社チーフコンサルタントの斉藤美幸は、
    『教育』という言葉を次のように定義付けています。
    > 知識や技術を、後進に、自分の2/3~1/2の期間で習得させること
    つまり、教育するのは、修業期間を縮めてあげるためなのです。
    その仕組みが、教育・研修システムです。
    知識や技術を形式知化し、標準化し、システムをつくります。
    そのためには、「ECRSの原則(改善の4原則)」を活用すれば
    よいと思います。
    Eliminate(排除)
    Combine(統合)
    Rearrange(交換)
    Simplify(簡素化)の各単語の頭文字を取った原則です。
    まずは、自分が通った修業の途で、なくてもよかった項目を排除
    できないか、検討します。
    その上で、まとめてやった方が効率的な項目はないか、順序や方法を
    別のものに交換した方がよいものはないか、もっと簡単にできる
    ものはないかという順に、考えていきます。
    「オレは5年かかって一人前になった。お前もがんばれ」では、上司
    ・先輩失格なのです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら