Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【新しいスタイルの求人媒体】

    2014年8月31日

     
     
     

    人材採用広告の投資対効果(費用ではなく、投資と捉えましょう)に
    ついては、媒体別だけではなく、職種別でも測って、検討する必要が
    あります。
    なぜなら、採用媒体と職種には、相性があるからです。
    例えば、トラックドライバーの採用なら、長距離輸送の業務と地場
    配送の業務では、投資対効果の高い採用媒体は違ってきます。
    それぞれの対象層によって、求人募集情報を探す手段が違うからです。
    ですから、今、人材が不足している職種の採用実績を分析し、1人
    あたりいくらで採れているかをつかんだ上で、有効な媒体を選んで
    広告を出していくという手順になります。
    しかし、そうすると、非常に高い額がかかっている職種が、明らかに
    なるかもしれません。
    その際には、成果報酬型の求人媒体への広告出稿を検討します。
    最近は、1人採用できたら支払いが発生するというスタイルの媒体が
    出てきています。
    例えば、トラックドライバー採用に特化した「トラックマンジョブ」や
    ガソリンスタンドの店員採用に特化した「ガスマンジョブ」などです。
    特に、採りにくい職種については、有効な手段だと思います。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら