Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【対戦型と演技型】

    2014年10月11日

     
     
     

    楽天市場にEC店舗を出店する41000社のフォローを統括する、
    楽天大学学長、仲山進也氏は、一過性の繁盛に終わる店とずっと生き
    残って老舗になれる店では、競合他社が増えてきたときの対応が
    違うと説きます。
    前者は『対戦型』で、後者は『演技型』だと言うのです。
    スポーツなら、柔道や野球、サッカーなどが、対戦型です。
    対して、演技型のスポーツは、フィギアスケート、体操、シンクロ
    ナイズドスイミングなどです。
    前者の目標は「相手を打ち負かすこと」、後者の目標は「相手よりも
    よい演技をすること」です。
    仲山氏は、店同士が対戦型で戦うと、お互いの強みを抑え合い、
    弱みを叩き合うため、結局は、お客様のためにならないと言います。
    消耗戦になる割には、お客様に歓迎される状態にならないのです。
    一方、演技型の志向なら、自店の魅力を追求し、よりよい価値を提供
    しようとする行動となるため、お客様が喜ぶ進化ができます。
    やはり、気にすべきは、お客様の嗜好と自社の商品です。
    競合研究は、倒すためではなく、「うちもがんばれているか?」と
    いう視点ですべきなのでしょう。
    あの店はなぜ消耗戦を抜け出せたのか
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら