Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【あなたはどうしたいの?】

    2015年4月8日

     
     
     

    自分の頭で考え、動ける、自主的な部下を育てるためには、単純に
    「どうすればよいですか?」という質問をすることを許しては
    いけません。
    必ず、併せて自分の意見を述べるように、誘導すべきです。
    ただし、そのときには、注意すべき点があると、人材育成のプロ、
    小倉広氏は述べています。
    それは、「どうすべきだと思う?」という訊き返し方は、ご法度だと
    いうことです。
    なぜなら、こう訊かれた部下は、正解探しを行ない、叱られずに済み
    そうな答えを返そうとするからです。
    それでは、部下から、「どうすればよいですか?」という質問が
    あったときには、どのように訊き返すべきでしょうか?
    小倉氏は、「どうしたいの?」と訊くべきだと説きます。
    「どうすべき」は、他人事になる危険性があります。
    しかし、「どうしたい」は、間違いなく自分事です。
    すべて自分事ととらえさせることは、部下の自主性を養わせます。
    小倉広事務所
    ・「アドラーに学ぶ部下育成の心理学
    Facebookページ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら