Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【相互関心をつくる】

    2015年4月19日

     
     
     

    従業員が相互に関心を持ち合っていない企業は、定着率がなかなか
    上がりません。
    退職を考えている人がいても、関心が薄ければ、真剣には停めない
    でしょう。
    また、そのように関係性が弱ければ、辞めることに対する各人の
    ハードルも、低くなります。
    ですから、企業にとって、従業員に、相互関心を持たせる取り組みは、
    とても大切です。
    特に、運送会社のように、社外でひとりでいる時間の割合が高い
    職種においては、最重要課題のひとつと言って、よいでしょう。
    具体的には、社内報や社内掲示板などでの新入社員紹介、メンバー
    紹介、結婚・出産などのニュース告知などを積極的にして、各人の
    情報を相互に知り合う機会をつくることから、始めるべきです。
    なぜなら、関心の前提は、情報を知ることだからです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら