Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【相互交流を活発化させる】

    2015年4月27日

     
     
     

    社員の定着率アップを図るためのポイントのひとつは、社員同士の
    交流を活発化させることです。
    社員同士の交流が盛んであり、仲間意識が醸成されている企業では、
    「辞めたい」と思う前に、相談に至る確率が高くなるため、結果と
    して定着率が上がります。
    逆に、交流が希薄な企業では、社員の退職に対してのハードルが、
    低くなります。
    例えば、長距離輸送サービスを主たる事業とする富士運輸では、
    ドライバー同士の交流を活発化するために、次のような施策を
    打っています。
    ひとつは、社員同士の携帯電話の通話料が無料になる契約形態を
    採っていることです。
    これにより、社員間の通話が増え、仲がよくなるとともに、眠気
    防止にも役立っています。
    また、オリジナルLINEスタンプを発行し、LINEのトークを活性化
    しようとしています。
    長距離ドライバーは、ひとりで車内にいる時間が長く、特に仲間との
    交流が持ちにくい職種です。
    だからこそ、より工夫して、交流を促進しているのです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら