Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【ポジティブ・イリュージョン】

    2015年7月30日

     
     
     

    ブラウンとダットンという2人の心理学者の調査データによると、
    管理職の90%が、「自分の能力は、他の管理職より優れている」と
    みなしているそうです。
    また、86%が、「自分は、他の管理職より倫理的だ」と考えています。
    さらに、大学教授の94%が、「自分は、平均より優れた業績を上げて
    いる」と考えているそうです。
    本来は、全体の半分の人は、平均以下の能力、業績であるはずなのに、
    ほとんどの人が、そうとらえていないのです。
    彼ら2人は、この現象を「ポジティブ・イリュージョン」と名付けて
    います。
    かつて、船井総研創業者の舩井幸雄は、人材教育の方針について、
    「短所是正ではなく、長所進展の法則に基づいて行なうべき」と
    説きました。
    長所を伸ばす方が、短所を直すよりも効率的だからです。
    上述の調査結果から考えると、短所は自己認識させづらく、修正も
    非常に困難なのだということが、納得できます。
    人材教育においては、客観的にとらえた長所を徹底的に伸ばさせる
    ことが、やはり最もよい手立てなのだと感じます。
    ・「薄っぺらいのに自信満々な人
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら