Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東海産業 ドライバーのうっかり防止に 輪止めロープ開発

    2010年12月10日

     
     
     

     重量物輸送の東海産業(堀一郎社長、名古屋市港区)では、ドライバーのうっかり防止のために「輪止めロープ」を開発した。


    1129-9.jpg
     Gマークを取得するなど安全意識の高い同社だが、これまで輪止めをしたままドライバーが走り出してしまうケースがまれにあったという。「輪止めがタイヤに弾かれ周囲に飛べば非常に危険」と対策を考えた堀社長。キーの抜き忘れ防止のために使用されているキーロープにヒントを得て、輪止めと運転席のドアノブをロープで結びつけた。このロープを使い始めてから、うっかりミスが1件もなくなったという。
     そのほか、ドライバーの転落防止のため、荷台に上る際の脚かけ部分に滑り止めステッカーを貼っている。「事故を起こせば荷主やドライバーと築き上げてきた信頼関係は一瞬で崩れる。ちょっとした工夫で防げるミスはたくさんある」と堀社長は話す。


     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら