Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ヤマト福祉財団 障がい者支援団体を表彰

    2013年1月21日

     
     
     

     ヤマト福祉財団(有富慶二理事長)は12月4日、「ヤマト福祉財団小倉昌男賞」の授賞式を行った。
     受賞者はキャンバスの会・楠元洋子理事長と、東京コロニーIT事業本部トーコロ情報処理センター職能開発室・堀込真理子所長の両氏。楠元氏は重度障がい者の居宅介護事業の定着に尽力し、お弁当配達事業も確立。製造工場では障がい者の作業効率アップを工夫するなど、毎月平均6万円以上の給与を確保。さらなる事業規模拡大を続けている。楠元氏は「自分の子どもが障がいを持っており、必要と思うことを事業化した」と述べた。


    011401.jpg
     堀込氏は自力で動くことが困難な重度身体障がい者がインターネットを利用して在宅勤務ができるシステム作りに尽力。お祝いの俳句を贈った花田春兆氏も「パソコンのおかげで今の自分がある」と語った。
     有富理事長は「受賞者の方々の活躍には感動するとともに頭が下がる。ヤマトグループは障がい者の支援も理念の一つとしている。塾などを開催し、就労や賃金アップなどこれからも支援していく」と話した。
    ◎関連リンク→ ヤマトホールディングス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら