Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    セイリョウライン 尿素水販売を開始へ

    2014年2月20日

     
     
     

    【愛知】セイリョウライン(大府市)は1月18日、全体会議を開催。幣旗良太社長は「地域とのつながりをもっと進め、今年は小学生を対象にした交通安全教室の開催も予定している。また、安全と物流品質の停滞は、即、仕事を失う時代となっており、職場を守るためにも、レベルアップとコンプライアンスの徹底が何よりも必要」とあいさつした。
     今年から、尿素水の製造と販売を進めていくことを発表。同社独自の共同配送のシステムづくりに力を入れていくことも、併せて発表した。幣旗社長は「グループ一つひとつの組織が強くなれば、会社全体が強くなる。レベルアップを、勇気を持ってやっていくことが重要」と述べた。


    020505.jpg
     緑警察署の署員が安全講話を行い、「身体に異常を感じたときは、勇気を持って休むこと。事故を起こしたくて起こす人間はいない。見えているはずなのに見えないという状況に陥っている」と指摘し、「交通事故を防ぐためにも、しっかりとした車両チェックを」と訴えた。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら