Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    国交省物流政策アドバイザリー会議 鉄道輸送の意見交換

    2014年10月6日

     
     
     

     国交省は9月30日、物流政策アドバイザリー会議(野尻俊明座長、流通経済大学教授)を開催。第4回会合では、国際海上コンテナ等の鉄道輸送について意見交換を行った。
     JR貨物による取り組み状況の説明では、12フィートコンテナによるSea&Railサービスを紹介。12フィートコンテナと海上コンテナで鉄道網と外航フェリー・RORO船を接続したスピーディーな複合一貫輸送で、「船より早く、エアーより安い」「定時安定性」「小ロット単位輸送が可能」で、国内の顧客拠点を幅広くカバーできるといった特徴があり、新たな需要が生まれているという。


    100820.jpg
     しかし、40フィートコンテナが国際化していく中で、日本国内で汎用されている12フィートコンテナをどう捉えていくかという課題が残っている。アドバイザーからは「日本の道路環境が12フィートコンテナに合っているので、単純に大型化するのはどうなのか」といった意見が挙がった。
    ◎関連リンク→ 国土交通省

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら