Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    東京インテリア家具 大阪本店オープン

    2017年4月6日

     
     
     

     東京インテリア家具(栃木県鹿沼市)は2月21日、西日本初進出となる大阪本店の店舗説明・内覧会を開催した。利根川隆弘常務は「家を逆さにして、落ちたものをすべて取り扱うというコンセプトのもと、店舗の隣に大型の自動倉庫を備えた。海外から直接モノを運び、ローコストでエンドユーザーに届けたい」とあいさつした。大阪本店のオープンは同23日。
     同社では「倉庫は大阪の中心となるもので約4500坪」としており、2250×1650×2500mmサイズのカーゴテナーが2800台収容可能。一般倉庫スペースでは、フォークリフトなどの重機類を使わずに人力でスムーズに荷移動ができる設計。


    031802.jpg
     また、店舗内には自動倉庫を見学できるガラス張りのスペースも設置。倉庫横には託児施設も設置されており、「現在は社員の子どもを対象にしているが、今後は一般開放も検討していきたい」という。
     西日本エリアでは大阪本店のほか、夏には神戸店のオープンを予定している。
    ◎関連リンク→ 株式会社東京インテリア家具

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら