Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    道運輸局が認定、6者共同の総合効率化計画 省力化などに期待

    2017年9月29日

     
     
     

     北海道運輸局は9月8日、日本通運をはじめ6者共同により申請のあった総合効率化計画について、物流総合効率化法第4条第4項の規定により認定したと発表。
     事業名は「ビール4社北海道共同物流」で、実施事業者は日本通運、日本貨物鉄道、アサヒビール、キリンビール、サッポロビール、サントリービール。
     道央エリアの各社(ビール4社)の工場や倉庫などから、道東エリアの一部(釧路・根室地区)への飲料輸送について、同業他社が連携するもの。1社1届け先で車両単位に満たない荷物について、長距離トラック輸送から鉄道コンテナ輸送へと転換する共同配送モーダルシフトを実施する内容。


    092509.jpg
     従来4社が個別に行っていた配送を、いったん4社の荷物を共同拠点に集積のうえ、荷量に応じて鉄道コンテナ輸送や大型トラックによる共同配送など、最適な輸送手段を選択するように切り替え、輸送の効率化を図った。
     特徴として、①同業他社の連携による共同配送モーダルシフト②鉄道コンテナ輸送を優先的に活用しつつ荷量により最適な輸送手段を選択③競争関係にある業界大手企業が協同することによる協業化推進などの啓発性――があげられる。
     この取り組みによって、従来からCO2の排出量が年間330トン(28%)、 トラックドライバーの運転時間が年間5300時間(35%)、長距離輸送にかかるトラックの台数が年間800台(40%)それぞれ削減され、環境負荷低減や省力化に大きな効果が見込まれている。 

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら