Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JILS 16年度物流システム機器の生産出荷統計

    2017年10月26日

     
     
     

     日本ロジスティクスシステム協会(JILS、遠藤信博会長)は9月、2016年度の「物流システム機器生産出荷統計」をまとめ、概要版を発表した。
     今回の調査は2016年4月~2017年3月の実績を集計。
     2016年度のフォークリフトの国内販売実績は7万8573台で、139億2800万円。輸出販売実績は3万2381台(販売金額は未調査)。パレットの清算数量は6372万枚で前年比8%増、出荷額は1942億円。


     物流システム機器の総売上額は4625億9400万円で、前年より414億2700万円(9.8%)増、売上件数も1万3076件増加し13万6861件となった。売上金額を領域別にみると海外向け2.6%増加し、クリーンルーム向けも0.3%微増。業種別でも「電機・精密機器」に対する売り上げ比率が依然として高水準で、「その他製造」「卸・小売」「食品・医薬等」と続いている。また「通信販売」への売上は115億6900万円で、総売上金額の約2・5%を占めている。
     各機種の売上額の動向では、自動倉庫は全体の売上金額が996億6700万円で、前年比4.2%減。回転・移動棚も前年度より10%減少。一方、売上額の前年比では台車系は16.9%の増加、コンベア系も13.7%増、仕分け・ピッキング系も8.6%増えている。また、棚も7.1%増、パレタイザ・デパレタイザも21%増で、垂直搬送機は0.7%ながら微増となった。コンピュータ全体の売上金額も11.1%前年比増となっている。
    ◎関連リンク→ 公益社団法人日本ロジスティクスシステム協会

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら