Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    デリカフーズ 埼玉FSセンター、12月に業務開始へ

    2018年4月29日

     
     
     

    デリカフーズホールディングスは4月11日、子会社のデリカフーズが埼玉県八潮市に新たな青果物流通拠点「埼玉FSセンター」を開設すると発表した。13億円を投じて延べ床面積3741平方mの4階建ての建屋を設け、12月から業務を開始する予定。

    新センターは仕分け・配送といった従来の物流センター機能に加え、最新の在庫管理システムを導入した貯蔵拠点としての機能を併せ持つ「次世代型の青果物流通拠点」とする。

    自動化・省人化・システム化を進めて管理・作業コストを抑えつつ、同社グループで最大級となる1万5000ケース(400パレット・135トン)の温度別貯蔵機能を持たせ、「スーパーコールドチェーン」(4度)に対応する仕分けセンターとして運用する。

    ◎関連リンク→ デリカフーズ株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら