Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    サトウ食品 JA全農と提携、合理的な物流機能構築

    2018年7月29日

     
     
     

    サトウ食品工業(新潟市)は7月9日、全国農業協同組合連合会(JA全農)と互いの物流機能などを活用した合理的な事業運営を構築するなどをめざし、資本業務提携を行うと発表。サトウ食品によると「事業提携の話があったのは昨年6月ごろ。JA全能さんが農水省の『農林水産業・地域の活力創造プラン』への対応の中で、加工食品会社との関係を強化するということになったのがきっかけ」という。「(どのような物流を構築するかなどの)具体的な方法については何も決まっていない。どのような取り組みを進めていくか、期日をいつまでにするかなどについても、これから決めていく」と話している。

    両者は「全国の水田営農の持続的発展と国内産米の需要拡大、ごはん食を通じた消費者の豊かな食生活の維持・向上を実現するにあたり、相互が協力し取り組みを円滑に実行していく」としている。

    ◎関連リンク→ サトウ食品工業株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら