Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    昭和産業 家庭用小麦粉を値上げ、物流コストなど増

    2018年11月19日

     
     
     

    昭和産業は11月2日、家庭用小麦粉、プレミックスの製品価格を、2019年1月4日出荷分から改定すると発表。

    輸入小麦の政府売り渡し価格が 2018年10月1日から引き上げられたこと、さらに人件費や物流コストの上昇を受け、全社を挙げての効率化を進めてきたが、自社努力によるコスト上昇分を吸収することの限界に達したもの。

    対象商品と改定価格は、家庭用小麦粉が約1~3%の値上げ、家庭用プレミックスが約2~3%の値上げとなっている。

    ◎関連リンク→ 昭和産業株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら