Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    過大請求問題が波紋 専属傭車の「契約解除」

    2018年12月6日New!!

     
     
     

     今年7月、大手運送会社での過大請求が発覚した。これに関連して、現在、同社の配送業務を手掛ける運送会社では、運賃値下げや配送日数の削減、さらには専属傭車としての契約解除など、各支店などで様々な問題が発生しているようだ。

     大阪府の運送A社もその1社で、同社では約10年前から大手運送会社に専属傭車として3台のトラックが配送を行っていた。業務には、週6日勤務、2トン車で1日約3万円程度の運賃を収受しており、同社としては高待遇な配送業務であったが、今年7月の事件以降、物量は大幅に減少し、その後、週6日配送から週5日への配送と変更になった。さらに今年12月を期限に同配送の契約を終了するとのことで、現在A社では、来年1月から新たな配送業務の獲得を目指すこととなった。

     A社は「今まで常に仕事は与えられていて、当社でも高待遇の輸送業務であったが、今年7月の過大請求問題発覚から物量が減少し、次第に配送日の削減、さらには年内での専属配送契約終了と大きく後退した。当社と同じく年内で配送業務の終了を告げられた同業他社は、担当者からの説明だけで、責任者からは説明や謝罪もなく、一方的に配送業務の契約終了を告げられ、怒りをあらわにするものも存在している。当社では、『仕方ないこと』ととらえて、詳しい説明も申し入れていないが、本来なら長年の取引であるため、責任者から何らかの説明があっていいものと考えている。今後、傭車依頼があっても再び、こういった展開になりかねないため、配送業務を受ける気持ちは一切ない」と話した。

     同社に関しては人材の引き抜き行為なども支店で発生しており、今後の信頼回復がなければ、利用者や配送を請け負う業者からの信頼損失をカバーしていくことが重要なものになってくると思われる。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら