Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    日本レップ「J-REPロジステーション・ファンド1」組成

    2007年3月16日

     
     
     

    日本レップはこのほど、物流不動産施設を投資対象とした私募ファンド「J-REPロジステーション・ファンド1」を組成し、運用を開始した。


    日本レップはこのほど、物流不動産施設を投資対象とした私募ファンド「J-REPロジステーション・ファンド1」を組成し、運用を開始。
     ファンドの規模は約240億円で、野村證券の私募取扱いにより、機関投資家などの出資を受けた。また、出資先のSPC(特定目的会社)は、日本政策投資銀行からのノンリコースローンによる資金調達も行う。
     投資対象は、07年3月以降に竣工するJ-REPロジステーション大阪南港、同足利、同入間、同愛知三好、同板橋の5物件で、いずれも長期契約のテナント入居が決定している安定収益物件。
     メインの出口戦略としては、同社子会社のジェイ・レップ・リート・マネジメントが組成を計画するJ-REITへの売却を想定している。(07/03/15)

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら