Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【昔ながらの手法を残す目的】

    2009年8月14日

     
     
     

    繁盛日本酒メーカー、関谷醸造は、昔ながらの酒造りの手法を残す、
    吟醸工房という工場を有しています。
    一般消費者が酒造り見学と酒造り体験をすることができる、たいへん
    ユニークな工場です。
    ただし、この工場の目的は、一般消費者向けのマーケティング施策
    だけではありません。
    若手社員が、昔ながらの工程を学ぶ、研修の場でもあるのです。
    彼らは、交代で3~4ヶ月間、吟醸工房に寝泊りし、手造りで酒を
    造る方法を学びます。
    その工程を学ぶことによって、本社工場で、先進の設備を使って酒を
    造る際に、適切な管理や様々な工夫ができるようになるといいます。
    作業を自動化、機械化していけば、効率は上がります。
    しかし、ポイントが見えなくなり、品質を落とす危険性があります。
    あえて昔ながらの酒造り手法を残し、研修させる、関谷醸造の施策
    からは、大いなる示唆が得られます。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別記事一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら