Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【延べ会議数を減らす】

    2009年11月28日

     
     
     

    「会議の多過ぎる組織は、業績が上がらない」と、よく言われます。
    思い当たるところがある組織は、各会議の目的と内容を、今一度
    見直してみましょう。
    慣例的に行なわれていて、目的があいまいになっていたり、複数の
    会議で内容が被っていたりする場合は、是正が必要です。
    また、加えてチェックすべきなのは、出席者です。
    むやみに多くの人が出席している会議は、要注意です。
    特に、上位役職者は、取捨選択を適切に行なわなければなりません。
    経営学の巨人、故ピーター・ドラッカー博士は、著書「経営者の条件
    ダイヤモンド社)の中で、次のように述べています。
    > 何の成果ももたらさない仕事が、時間の大半を奪っていく。
    > ほとんどは無駄である。
    > 地位が高くなれば、その高くなった地位がさらに時間を要求する。
    2145BMWMAPL._SL500_AA140_.jpg
    ドラッカー博士は、このような状態を「マネジメント上の欠陥による
    時間の浪費」と言います。
    自組織の会議が多過ぎるかどうかをとらえる際には、延べ会議数と
    いう指標も持つべきでしょう。
    まずは、今実施されている会議の種類を一覧表にし、見える化する
    ところから始めてみてください。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら