Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【ザ・前座修業】

    2010年4月25日

     
     
     

    船井総研では、今年入社した新入社員全員に、読むことを義務付けた
    本があります。
    稲田和浩・森田梢路著「5人の落語家が語る ザ・前座修業
    NHK出版 生活人新書)です。
    0088312.jpg
    早速、私も買って読んでみましたが、すばらしい本でした。
    弟子にあたる人(若手社員)だけではなく、師匠にあたる人(上司)
    にも(つまりすべての組織人にとって)、とても有用な本です。
    本書には、柳家小三治三遊亭円丈林家正蔵春風亭昇太
    立川志らくという5人の人気落語家への、前座修業についての
    インタビューが掲載されています。
    当然ながら、それぞれの見解には違ったところがあります。
    しかし、本書を通じて、一貫したメッセージがあると感じました。
    春風亭昇太師匠は、インタビューの中で、次のように述べています。
    > 楽屋で師匠がたにお茶を出したり、着物を畳んだりすることが、
    > 噺家として働くことに意味があったのかっていわれると
    > よくわからない。
    > ただ、この時代が落語の修業ではなく落語家としての修業時代
    > なんだということだけははっきりといえます。
    > 落語家としてどういうふうに生きるのかを学ぶような。
    柳家小三治師匠は、修業時代に、手ではなく足で雑巾を操って掃除を
    していたところを、師匠(五代目柳家小さん)の奥さんであるおかみ
    さんに見つかって叱られたエピソードを挙げて、修業の意味について
    次のように語っています。
    > 「きれいになるなら足で拭いてもおなじことだ」ということを
    > 認めたら、そういう生き方しかできなくなってしまう。
    > つまり、そういう噺しかできないということだ。
    > 小さんはよく「人間は正直でないと、いい噺はできない」と
    > いっていた。
    > 「ずるいやつには、ずるい噺しかできない」と。
    >  -中略-
    > 師匠の家での家事見習いとは、結局人間見習いということ。
    > 人としての思いやりや、心としての礼儀、物事万事への心構え
    > などを教えてもらうのが前座修業。
    > この時代に、人間としての筋を一本通すことを身に付けられるの
    > だから、けっこうなひとときといえる。
    修業時代というのは、その道のプロとして、社会人として、人間と
    して、どう生きるのかを身に付ける時期なのです。
    ぜひ読んでみてください。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら