Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【多読の効用】

    2010年6月14日

     
     
     

    よい本と出合い、じっくり何度も読んで、内容を脳にインストール
    することは、とてもすばらしいことです。
    しかし、読書というのは、ある程度多くの量を摂取して、初めて
    望ましい効果が現れるのではないでしょうか?
    なぜなら、少量の読書では、判断材料が乏しくなり、それらの著者の
    主張に、価値観が引っ張られてしまう可能性が高いからです。
    多くの本を読むことで、世の中には様々な考え方、とらえ方がある
    ことが解かります。
    そして、違うように見えても、実は共通点があることにも気づきます。
    一冊の本を書くのに要するエネルギーは、相当なものです。
    本には、多くの体験から得た英知が凝縮されています。
    多読により、それらを一気に追体験することで、成功確率を高める
    価値観や判断基準が身に付くと思います。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら