Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【高確率な決裁者へのテレアポ手法】

    2011年1月4日

     
     
     

    決裁者と初回面談のアポイントを獲るために、電話でアプローチする
    テレアポという手法があります。
    この手法を実践する際に、第一の関門となるのが、受付担当者を突破
    することです。
    ターゲットが、しっかりした企業であればあるほど、受付担当者は、
    目当ての人物に、簡単にはつながないように、教育されています。
    よって、受付突破のために、テレフォンアポインターは、様々な
    試行錯誤を繰り返さなければなりません。
    しかし、その前に、発想の転換をしてみましょう。
    受付担当者が、まだ出社していない時間帯に、電話をするのです。
    7:00~8:30が、よいと思います。
    決裁者は、早い時間帯に、すでに出社している場合が多いため、直接
    つながる可能性が高いと言えます。
    ぜひ試してみてください。
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら