Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【新入社員に教えること】

    2011年7月5日

     
     
     

    新卒の社員が入社してきたら、まずは、「天職発想」をさせることに、
    力を注がなくてはなりません。
    「この仕事は、私にとっての天職だ」ととらえて、迷いなく、仕事に
    集中できてこそ、最大のパフォーマンスを発揮し、最短の期間で成長
    することができます。
    しかし、最近の若手社員は、以前よりも迷う確率が高いものです。
    なぜなら、社会の発展とともに、就職先の選択肢が増えたからです。
    学生には、数多くの選択肢から就職先を選ぶために、自己分析をする
    ことが、多くの場で奨励されています。
    この自己分析という作業は、「自分にピッタリの職業や職種、企業が
    ある」ということが前提になっているのでしょう。
    しかし、本来は、はじめから自分にピッタリの職業や職種、企業
    なんてありません。
    自分自身が、その仕事を天職ととらえて、ピッタリになるように、
    合わせていくのです。
    ですから、まずは新入社員を自己分析結果の呪縛から解き、この
    仕事を天職ととらえるように導いてあげる必要があります。
    そもそも一度でも興味を持った時点で、その仕事を極める素質は
    あるのです。
    バックナンバー
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら