Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【思い出をつくる】

    2013年5月22日

     
     
     

    一体化した本当の仲間になるためには、まずは共通の体験をして、
    一緒の『思い出』をつくることが有効です。
    そうすれば、理念・ビジョンを共有するベースの姿勢ができます。
    埼玉県鴻巣市に本社を置く倉庫会社の雄、篠崎運送倉庫の社長、
    篠崎晃市氏は、そういう想いで、毎年、その年の新入社員と一緒に、
    富士山に登る研修を催しています。
    篠崎社長は、「そのときは『社長にたいへんなことをさせられた』と
    幾分マイナスに感じたとしても、思い出に残ればいい」と言います。
    強烈な共通の体験をし、強く記憶に残すことが、目的だからです。
    ですから、研修に、富士登山を選んでいるのです。
    登るのがたいへんなのはもちろんですが、日本一の山である富士山は、
    記憶に残りやすいからです。
    「入社した年、社長と一緒に、富士山へ登った」という思い出は、
    消えません。
    ぜひあなたも、部下との強烈に記憶に残る体験イベントを企画して
    みてください。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら