Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【最新鋭の道具/一流の道具】

    2013年10月23日

     
     
     

    一流の家具職人を育てることで有名な秋山木工の代表、秋山利輝氏は、
    「最新鋭の道具は、職人の腕をダメにする」と言います。
    便利な機械や設備に投資すれば、それだけ腕が磨かれる機会が
    奪われるからです。
    だから、一流の職人になりたければ、最新鋭ではなく、『一流』の
    道具に投資すべきだと説きます。
    一流の腕を持つことができれば、何歳(いくつ)になっても、一流の
    仕事ができ、食べるのには困りません。
    よって、少々高くても、一流の道具に投資することは、安いものです。
    様々な分野で一流を目指す人にとって、とても共感でき、参考になる
    教えだと思います。
    ただし、他方で、一流ではなく、『一人前』を早く多く輩出したいと
    いう志向の組織もあるでしょう。
    その場合は、最低限必要な技術は備えられるよう、どのようにうまく
    最新鋭の道具を使わせていくのかが、ポイントになるでしょう。
    ・「一流を育てる
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら