Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【文字を描く】

    2013年12月23日

     
     
     

    制作対象物を何ととらえるかで、作り方は、まったく変わってきます。
    ですから、ユニークなものを作るためには、発想を転換することが、
    とても重要です。
    船井総研のコンサルタントで、小売業や教育機関の業績アップを
    専門とする井口裕子は、手書きのPOPや手紙の作成を得意として
    います。
    手書きの文字を使った販促ツールは、目に付き、作り手の温度が
    感じられるため、ターゲットとする顧客に伝わりやすいという利点が
    あります。
    その中でも、井口の書く文字は、上手にデフォルメされていて
    特徴があり、目を惹くものです。
    井口は、この文字は「書く」のではなく「描く」のだと言います。
    文字ではなく、絵のつもりで「描く」のだそうです。
    なるほど、文字ではなく絵ととらえれば、発想が転換し、ユニークな
    形が作れるはずです。
    制作する対象物を何ととらえるかで、作り方は変わります。
    例えば、私は、名刺はチラシだと主張していますが、そうすれば
    伝達手段として発展するのも同じでしょう。
    何ととらえるかが、ユニークに発展させるコツです。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら