Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【部下の家庭訪問】

    2014年1月9日

     
     
     

    部下を持つときには、『覚悟』が必要です。
    かのビートたけし氏も、「弟子入りするときに『覚悟を決めました』
    なんて言う奴がいるけれど、覚悟を決めるのは師匠の方だ」と、著書
    超思考」の中で述べています。
    なぜなら、部下を持つということは、本人やその家族の行末の責任を
    背負うことだからです。
    また、それだけではなく、その人が仕事をする上で及ぼす、周りへの
    影響すべての責任も背負うことなのです。
    船井総研のチームリーダーのひとり、藤本翔は、部下の家庭訪問を
    実行し、それぞれを一番応援してくれている人に、必ず会うことに
    しています。
    対象は、既婚者なら配偶者、独身なら親や恋人などです。
    部下の自宅や実家を訪問し、時には宿泊させてもらい、夕食や朝食を
    共にして、深く語り合うそうです。
    彼は、そうすることにより、上司としての覚悟が強くなると言います。
    また、部下とその応援者の覚悟も、強くなる効果もあるようです。
    私も、ぜひ倣いたいと思います。
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    船井総研ロジ株式会社 取締役執行役員 事業部長
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら