Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【社会的手抜き】

    2015年1月12日

     
     
     

    多くの経営トップは、チームワークのよい組織を創りたいと思って
    いるでしょう。
    しかし、チームワークには、意外なリスクがあるようです。
    チームを構成するメンバーが、知らず知らずのうちに、手を抜いて
    しまうというリスクです。
    ドイツの心理学者、リンゲルマン氏が、綱引きを用いた興味深い
    実験をしています。
    1本のロープを1人で引っ張ったときには、62kgの力が出ました。
    しかし、2人のときには53kgに減り、8人のときには31kgに減った
    そうです。
    つまり、人は集団になると、無意識に手を抜いてしまうのです。
    この現象をリンゲルマン効果、または社会的手抜きと言います。
    経営トップは、チームのメンバーそれぞれに、最大の力を発揮させる
    ために、この集団特性を知っておく必要があるでしょう。
    対策としては、メンバーそれぞれに、細かく役割を与えることです。
    そうすることにより、精一杯、自身の与えられたロープを引っ張る
    ようになります。
    「なぜ、この人に部下は従うのか」
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら