Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【証明型と習得型】

    2015年3月13日

     
     
     

    社会心理学者のハイディ・グラント・ハルバーソン博士は、同じ
    何かに一所懸命取り組む人の中にも、『証明型』の人と『習得型』の
    人がいると説いています。
    証明型の人は、自分の能力を示すためにがんばります。
    習得型の人は、自分が成長するためにがんばります。
    つまり、前者は『自己承認』を望み、後者は『自己成長』を望むと
    いうことです。
    それでは、どちらのタイプの人の方が、より大きな実績を上げる
    可能性が高いのでしょうか?
    それは、後者の習得型の人です。
    なぜなら、挑戦意識が高く、問題にぶつかっても、壁を乗り越え
    ようとするのは、習得型の人だからです。
    一方、証明型の人は、「自信を持ちたい」、「周囲から優秀だと認め
    られたい」という想いが強いため、失敗し、自分の能力に疑問を
    抱かれる恐れのある、新しいことへの挑戦を避ける傾向があります。
    自分が得意だと判っていることだけをやるわけですから、大きく飛躍
    する確率は、習得型の人と比較して、低くなるのです。
    ですから、上司としては、部下が証明型ではなく、習得型になる
    ように育てなければなりません。
    そのためには、能力ではなく、挑戦を賞賛する風土を創る必要がある
    でしょう。
    ハイパフォーマー 彼らの法則
    Facebookページ
    ◆本シリーズ配信希望の方はコチラ

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら