Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    JATMA タイヤ点検結果、整備不良貨物車は5割

    2009年5月20日

     
     
     

     日本自動車タイヤ協会(JATMA)は8日、4月6日から8日に実施したタイヤ点検結果について、貨物系の整備不良率が50.0%だったと発表。


     今回点検を行った車両は356台で、貨物系は42台。このうち、整備不良車両は21台だった。特に、タイヤの「空気圧不適正」が多く、タイヤ溝不足も確認された。
     同イベントはユーザーにタイヤ点検・整備の重要性を理解してもらうことを目的に、4月8日の『タイヤの日』を記念して毎年行われている。今回は全国7か所で実施された。

     
     
     
     
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら
     
     
     
  •