Now Loading...
 
  • 物流ニュース

    ワンストップ・ロジワークス トラブル招く仕事と処遇

    2018年11月19日

     
     
     

    それぞれのドライバーの仕事内容と処遇が見合っていないことから生じる社内トラブル。トラック運送向けのコンサル業務を展開する「ワンストップ・ロジワークス」(稲家均社長、兵庫県伊丹市)はこのほど、小冊子をまとめ、その改善策を提示している。

    冊子では、トラックごとの仕事を4つに整理することから始まる。整理のための軸は「仕事が楽か面倒か」と、「運賃が良いか厳しいか」。「面倒で運賃が厳しい」仕事には、どのドライバーも付きたがらない。

    ここで出てくるのが「歩合給」。歩合給の評価基準を、そもそも厳しい運賃水準に置けば、その歩合給しかもらえないドライバーが仕事を嫌がるのは自明だ。

    冊子は、評価基準を現行運賃ではなく、「ドライバーのスキル」「荷運び」「荷扱い」の3項目を「歩合を正しく評価する枠組み」として推奨している。

    冊子はほかに、「ドライバーが働ける限られた時間のなかで、どうやって利益を生み出すのか」などについてもまとめられている。

    ◎関連リンク→ ワンストップ・ロジワークス株式会社

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 「物流ニュース」の 月別一覧

     
  • 物流ニュース」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら