Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【営業の罪悪感】

    2009年5月2日

     
     
     

    うだつの上がらない営業担当者によくあるのが、売ることに罪悪感を
    持っているパターンです。
    そういう人は、取引の片方である自分側のメリットだけに、意識が
    偏っています。
    しかし、取引とは、双方にメリットがある時のみに成立します。
    しかも、フィフティ-フィフティではなく、実際は買い手が「自分の
    方がメリットが大きい」と判断した場合に成り立つものなのです。
    売ることに罪悪感を持つ営業担当者には、そういった本質を示す
    ことが重要です。
    また、「商談の機会には、相手側の貴重な時間をいただいている」と
    いうことも理解させる必要があります。
    その時間内に、何も生み出せなかったなら、機会はムダになります。
    貴重な時間を有効に使い、双方が関係したときに何を生み出せるのか、
    ディスカッションし、一所懸命考えて、答えを出さなければならない
    のです。
    彼らの罪悪感は、相当強いもので、なかなか払拭できません。
    しかし、上述のような本質を、何とか理解させるようにすることが、
    顧客のためになり、貴社のためになります。

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら