Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【社内書店】

    2009年11月6日

     
     
     

    社員に本を読む習慣をつけることは、会社のレベルアップを図る
    ための有効な手段だと思います。
    なぜなら、本ほど効率的に学びを得る手段はないからです。
    私も体験してみて解かったのですが、1冊の本を書くのには、もの
    すごいエネルギーが要ります。
    脳みそから、言葉を搾り出す感じです。
    ですから、前向きな姿勢で臨めば、必ず学びがあります。
    船井総研主催の物流企業経営研究会FUNAIロジスティクスソサエティ
    (FLS)会員企業の柳川合同の社内には、書籍販売のコーナーが
    あります。
    %BC%CC%BF%BF.jpg
    (柳川合同本社の書籍販売コーナー)
    同社社長の荒巻哲也氏のおすすめ本が並べられて、売られています。
    読書の大切さを啓蒙する手段として、非常によいと思います。
    卑近な例で恐縮ですが、船井総研の社内にも、各社員が既に読んで
    要らない本が置かれた図書館のコーナーがあります。
    若手社員を中心に、よく利用されているようです。
    社内書店や図書館、経営トップのおすすめ本を中心に、設置して
    みてはいかがでしょうか?

     
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら