Now Loading...
 
  • ブログ・橋本 直行

    【本の読み方】

    2010年5月1日


    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Fblog%2Fhashimoto%2F2658%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     

    今号では、本の読み方について、思うところを述べたいと思います。
    我々コンサルタント業は、本を読んで「仕入れ」をしなければ、
    商売が成り立たちません。
    もちろん、最も重要なのは、日々のコンサルティングの機会に得る、
    現場の情報です。
    しかし、読書によって知見を広げることの重要性も、相当のものです。
    船井総研の社内では、「最低でも月に10冊は読むべし」と、伝統的に
    言われています。
    ところが、社内にいることが多く、移動時間が少ない若手社員に
    とっては、これがなかなか努力を要するのです。。
    そこで、私は「本の読み方」について、以下のようにアドバイス
    しています。
    ・目標読了時間を決めて読む
    →どうせすべては頭に入りませんから、スピード重視で!
    ・理解が困難な箇所は読み飛ばす
    →「今は必要な時期じゃないから、解からない」と考えましょう
    ・おもしろくなかったら、途中で読むのをやめる
    →「今必要な情報じゃないから、おもしろくない」と考えましょう
    ・気づきがあったら、本にメモる
    →まとめる時間がもったいないと私は思います
    また、若手社員には、併せて「どんな本を読めばよいか」について、
    以下のようにアドバイスしています。
    ・価値観をつくる本
    →まずは船井本(船井幸雄および船井総研関係者の著書)
    →他社の経営トップの書いた本
    ・業績アップノウハウを得る戦術本
    →これこそネタの仕入れ
    ・仕事の効率化に関する本
    →特に若手には重要
    ・話題の本
    →時流を知るため
    私の入社以来の社内メンターであり、モデルである、現執行役員の
    中谷貴之は、以前、次のように言っていました。
    「情報は酒と同じ。浴びるように飲めば、強くなる」
    参考になれば、幸いです。

     

    Warning: file_get_contents(https://graph.facebook.com/v2.7/?id=https%3A%2F%2Fweekly-net.co.jp%2Fblog%2Fhashimoto%2F2658%2F&access_token=1717908261793858|L_psnS3KzzYizptWAutP4ZfvbbY): failed to open stream: HTTP request failed! HTTP/1.1 403 Forbidden in /home/weeklynet/weekly-net.co.jp/public_html/wp/wp-content/themes/weekly/tmp_sns.php on line 18
     
     
     
  •  
  •  
  • 筆者紹介

    橋本 直行

    株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント
    1972年生。兵庫県尼崎市出身。関西学院大学法学部卒業。物流企業の業績アップ専門コンサルタント。特に、問い合わせを激増させるホームページの企画や受注率を上げる企画提案書の制作のノウハウは、社内トップクラス。 繁盛物流企業を創るための経営研究会「FUNAIロジスティクスソサエティ」主宰。

     
  • 「ブログ・橋本 直行」の 月別一覧

     
  • ブログ・橋本 直行」の新着記事

  • 物流メルマガ

    ご登録受付中 (無料)

    毎週火曜に最新ニュースをお届け!!

    ≫ メルマガ配信先の変更・解除はこちら